2011年4月

白麗茸のバターソテー

BGM  Doukesi no sonnet / Sada Masashi

新メニューのご紹介

よく買い出しに行くお店でちょっと変わったキノコを発見。
試しに賄いで食したところ「旨い!」

白麗茸(はくれいだけ)と言うキノコです。
中華などでは定番の食材だそうですが、私は初体験。
もう10年以上前になると思いますが、エリンギが出はじめた時以上の衝撃!
(ちょっと大げさ・・・)


Fuel ではキノコ料理の定番で、ベーコンと一緒にバター醤油ソテーに。
これまた、最近定番化してきたアツアツ鉄板でご提供!
しっかりした食感にバターの香りが・・・


お腹にたまらないから、もう1品おつまみ追加しちゃおう!!

体調が・・・

BGM  In For The Kill / Budgie

中耳炎らしい・・・
耳が痛くて、集中できない。
そんなわけでブログの更新はまた・・・

と思ってたんですが、BGMのお陰で、やる気がでてきた。
BUDGIEはMETALLICAがカバーしていたことで知った。
昔、モトリーやガンズがカバーしていたことで、AC/DCを知ったし、ボンジョビがカバーしてた
シンリジーやストーンズを聴いてみたり。
好きなアーティストが好きでやってるバンドなわけだから、カバーの元ネタって入りやすいし
はまりやすい。

時代は古くても、聴いたことの無いと言う意味では、新しい。
BUDGIEは結構発見でしたね。
まだ2枚しかアルバム聴いてませんが・・・
ZOOM CLUB
同じフレーズ引っ張りながら、ドラムが遊んだりしながら・・・カタルシス・・・
みたいな曲。サイコーにカッコいい!!

しかし、耳が痛い・・・
でも明日も元気に営業します。皆様のご来店お待ちしております。

 

2011 Fuel For Live 6

今年もやります!
年1回のライブイベント!

2011・10・9(日) に開催決定しました。
また追って詳細告知いたします。

ライブと言えば・・・
初めて行ったライブは Judas Priest でした。
アルバムTURBOの時。ツアータイトル FUEL FOR LIFE JAPAN TOUR 1986
店のライブイベントのタイトルはここから拝借いたしました。

当時、中学2年生。
私の通っていた学校は男子は頭髪坊主と校則で決まっていたので、友達と合わせて丸坊主の少年3人で・・・。
メタルファッションなど持っているわけもなく、フツーのセーターかなんか着て行ったと記憶してます。
微笑ましくも、場違いなグループに映ったことでしょう。
隣で、皮ジャン、ミニスカートの綺麗なオネーサンが「ロブさまー!」みたいな奇声をあげてたような・・・。

次に行ったメイデンの時は、武道館の3階?最後列だったのを覚えてます。
あの頃はすごく大きい会場に感じた日本武道館も、数年前同じくジューダスを観に行った時には、こんなもんだったっけ?って感じでした。

あの頃の綺麗なオネーサン方もすっかりオバサ・・・。
最新アルバム ノストラダムスのツアーでしたが、ノスタルジーな空間でした。
上手い!座布団1枚!
ではこのへんで本日はお開き。

 

SHINE ON -TRAVELOGUE OF OUTRAGE-

遅ればせながら
SHINE ON -TRAVELOGUE OF OUTRAGE-
を見た。
OUTRAGE のドキュメンタリー映画だ。


TRAVELOGUE とは「旅行記」と言う意味があるらしい。
バンドの歴史を旅になぞらえている。

とても面白く見させてもらった。(よっ!監督!やるね!)
「知る」ことで思い入れや興味が深くなるのもまた事実。
2009年のアルバム  OUTRAGE がまた新鮮に聴けた。
映画のタイトルにもなった SHINE ON を取り上げたシーン。
良い出来でした。
「ボクサーは引退した後に初めて、ボクシングの楽しさを知る」と言う話を聞いたことがある。
紆余曲折を経て、歳を重ねた今だからこそ、純粋に感じることもあるんだろう。

やれなくなって、やれていたことの価値を再確認する。
逆にやれている人はその価値を見失いがち。
こういうのって、私達のような趣味のアマチュアバンドでもよくある話。
仕事や人間関係にも置き換えられる。
「続ける」ことの価値なんかも、ふと感じたり・・・。

OUTRAGE ベテランバンドなれど、まだまだ旅の途中。
また、楽しい旅を続けて欲しいです。




 

Rob Halford (加筆)

高校時代に初めて組んだバンドではボーカル担当でした。
歌うのは好きだったし、楽器は弾けなかったし。
そのせいもあってか、今でもボーカルを基本に曲を聴きます。
ギター、ベース、ドラムの良し悪しは感覚でしか分からないけど
ボーカルなら多少突っ込んだ評価ができるかな?

HM/HRの世界なら、やっぱり ロブ・ハルフォード が最高。
メタル界を代表するハイトーンボーカル。
でもこの人、それだけじゃなくて、中低音域のハスキーな感じが凄くカッコ良いと思う。
(Live Vengeans '82 の Metal Gods のパフォーマンスが好例。
この曲、このライブバージョンを聴くまで全然ピンと来ない曲だったんですが、コレで一気に曲の評価も上がりました。)

ボーカルって、音程が良いとか音域が広いとか、テクニックも重要だけど
一番は声そのものの魅力だと思う。
ロブはMCで喋ってる声が既にカッコ良い。
有名な 「オーイェー」のコール&レスポンス。
「オーイェー」と叫んでる声そのものが天賦の才だと。
当然、好き嫌いはあることですが・・・。

さらに言うなら、ボーカリストはイコール、フロントマン。
ライブでは、歌うこと以外に、動きや客煽りなどのパフォーマンスも重要。
その点に関しても、ロブは言うことなし!
あまりイメージには無いんだけど、この人結構動く、踊る。
私が勝ってにロブダンスと呼んでるパフォーマンスは
PRIEST... LIVE!  の Love Bites でチェックできます!

BGM は British Steel
Steeler の最後ひっぱるところ うーんカタルシス・・・
 

One night love ・・・

お客さんから聞いたちょっと切なくも可笑しい話。
30代後半の女性。少女の頃Bryan Adamsが好きで初のライブへ。
ライブ後半 One night love affair がプレイされた・・・。

盛り上がりも最高潮に達し、曲の後半 ブライアンとオーディエンスが「ONE NIGHT!」「ONE NIGHT!」
の掛け合い。
彼女はこの時まだこの曲を知らなかったけど、「あー、ワンナイトって言えば良いんだな」と知らないながらも
ライブを満喫して帰った。
家に着いて、あの盛り上がった曲を調べ、歌詞を辞書で調べたらなんと!
「一夜の情事」って意味だった・・・。

えっ! じゃあ、あの掛け合いの時って・・??
「一夜の!」「一夜限りの!」みたいなことをみんなで言ってたのか?!

まだ少女だった彼女は、結構落ち込んだらしい・・・。

洋楽好きな多くの日本人にとって英語の問題は付き物ですね。
知ってますます好きになることもありますけど、知らなきゃ良かったってことも・・・。
もちろん、歌詞分からなくても、音は楽しめますけど。

 

居酒屋と言うからには・・・

BGM  Nightmare / Avenged Sevenfold

居酒屋と言い張るからには、何か魚料理が無いと駄目なんじゃないかと思ってます。
例えば、メイデンを聴きながら魚をつまむ。
ちぐはぐな感も否めませんが、これがまたFUELの日常だったりするんです。

刺身はたまにしかメニューに乗せませんが、アジやサバ、イカなどを自作で一夜干し、みりん干しなどにすることが多いです。
自家製なので、塩加減など多少ばらつきがありますが、保存料、添加物ゼロですよ!
以外?と真面目なこと考えてます。

ハタハタをから揚げにしたり、小アジを揚げて南蛮漬けにしたり、煮魚をつくったり・・・
その日の仕入れに合わせていろいろやってます。
居酒屋っぽいでしょ?



 

まだまだ弱い・・・

BGM
The Joshua Tree / U2
このアルバム売れましたよね。
当時よく Where The Streets・・・   I Still Haven't Found What・・・    With Or Without You
のPVかかってました。
HM/HRがビルボードチャートを賑わし、私自身もソレ以外の音に見向きもしない 青く、熱い時代。
U2 何が良いんだか全くわからない!って感じでした。

数年後、少し大人になった少年は友人に、Rattle And Hum の映画を見せられ・・・
すっかりハマってしまいました。
Sunday Bloody Sunday の「Fuck The Revolution」には震えましたね。
「OK Edge Play The Bluse!」「Rock 'n Roll Stops The Traffic」(英語間違ってるかもしれませんけど・・・無視してください。)
など名場面を挙げたらキリが無いんですけど・・・
特に好きなのは With Or Without You でアルバムだとそのままフェードアウトするところでもうワンコーラス歌う。 
それがたまらなく格好良いんです。
カラオケで歌うと、一番やりたいところが無い! ので無理やり歌ってましたね。

今日は・・・
この店はあくまで居酒屋でして、料理にチカラ入れてます!
まだまだその辺の認知が弱いので、ここで少し語らせてもらって
まだ、ご利用されたことの無い方も、既に常連の皆様もぜひ一次会からよろしく・・・

と言うようなことを書こうと思っていたのですが・・・。
すっかりU2で熱くなってしまったので、本題はまた別の機会に更にしつこく書こうかなと・・・。

 

1
PAGE TOP