2012年8月

伝統って?

BGM  Dark Roots Of Earth / Testament

昨夜、日本の職人の技とその作品(商品)を取り上げたテレビ番組を見てた。
私、伝統工芸、職人、匠の技の類を扱う番組大好きでして・・・
昨夜も「はぁ~!」「ほぉ~!」「すげぇ~!」とブツブツ言いながら見入ってました。

使う釘まで何百本単位で自作する船箪笥職人・・・「はぁ~!」
見た目だけでなく機能も優れたガラスペン・・・「ほぉ~!」

面白かったのが讃岐一刀彫の達磨。
伝統の逸品も「おぉ~かっこいい!」と思って見てたら・・・
後継ぎの娘さんのアイデアでカラフルに色付けした「POP達磨」というものが生まれ
それが大ヒット商品になったという話。
師匠であり父親でもある職人いわく「時代に合わせ変化していくのが伝統」
「はぁ~!」(感嘆)
娘さんも最初「(カラフルな色付けの)こんな達磨あったら可愛いよね?」
と言った時は怒られるかもと思ったそうな。

そりゃそうだよ!伝統を守る一途で頑固な職人のイメージで考えたら
「何を言うか!」となりそうなもんです。
そこで前出の一言。
勝手に私なりの解釈「生き残ってこそ伝統」

技は芸術の域。
でも技の継承のためだけに工芸品を作っているわけじゃない。
その時代の人に喜ばれ、求められ、生業として成り立つことも重要。
職人さんの真意とは違うかもしれませんが、こんな解釈をしました。
なんかメタルの世界にも通じる話だなと。

どーでも良いけど子供の頃の憧れは「刀鍛冶」でした・・・。

公式フライヤー

fuelforlive07_flier_final_small.jpg

   ライブの出演者でもある、吉川、山田両氏による告知フライヤが完成しました。
  プロのアーティスト、クリエイターのご協力でとんでもなく本格的なものが出来上がりました。
  感謝感激!
  見かけ倒しにならないように演奏の方を頑張らないと・・・

スランプ???

ブログの更新が滞っております・・・。

冴えてる時は考えなくても書ける。
ちょっとネタを探してピンとくるのはまだ調子の良いとき。

職業でもなければ、強制でもないから無理やり書く必要も無いのだが・・・。

イマイチ冴えが無い時って「ネタ」はあってもうまくまとめられない。
「スランプ」からアーティストの苦悩に関連づける。
オリンピックネタにつなげる。
上手くふくらめば面白くなりそうだが・・・

今、頭の中は迷走中。
とっちらかって焦点がボケたものになりそう・・・。

知り合いのアーティストがこんなことを言ってました。
「スランプなんて言うのはある程度実績のある人間の言うこと
駆け出しの人間のスランプはただ実力不足なだけ」
「不調だと思ってもただ書くだけ」

スポーツなんかだと練習のやり過ぎが不調の原因だったり・・・
頭と体のリフレッシュ、休養が必要なことも。

生来怠け者の私は休養するとそのまま寝たまんまになりそう・・・
ある程度強制力が働いたほうが良いかも・・・。甘えですな・・・。

店が忙しいことでブログの更新が滞るなら、まあ良し。
更新が頻繁な時は逆に・・・きゃあ~~~!!! 恐ろしい・・・。

1
PAGE TOP