2012年10月

気が付けば・・・

BGM  The New Order / Testament

あちゃ~気がついたら10月も後半、ライブが終わって2週間以上経ってしまいました。
燃え尽き症候群は言い訳として、御礼もしてませんでした。
その節は皆さん真にお世話になりました。有難うございます。
当店が誇るスタッフさやかによるライブフォトも追って店内掲示していきますのでお楽しみに!

本日はじつに静かな日でして・・・
そんな中ある常連Wさんと音楽談義。

それがまさしく前回のネタまんまの会話。
Wさんはギタリスト。マイケル・シェンカーやエディなんかが大好き。
ギターはレスポールが好き。
酔ってくると(酔ってなくてもか)ギターの材質の話なんかをする。
曲やフレーズの話もするけど、もっと純粋にギターの「音」について語ることが多い。

歪み、アンプ、エフェクト、ピックアップ、木材・・・。

は~、なるほど~、そんな聴き方するもんなんですね~!
話のレベル、方向性とも理解できないことだらけだが楽しく聞かせてもらっています。

かたや私。
私にもマニア的に反応する部分もありますが、もっと単純に・・・
この曲が良い曲だ。この曲のこのパートがカッコイイ。そしてやはりヴォーカルへの反応が強い。
初めて買ったギターはストラトキャスター。
半ば無理やりな対立軸として、レスポールとストラトは二大派閥ですね。


ある曲、あるバンド、あるギタリスト。
同じものを聴いていても、どこにより強くアンテナが向いているかはひとそれぞれ。

Wさんとの大きな違いもうひとつ。
学生時代にヤングギターを定期購読していたWさん。
(この世代のギタリストにとっては当然通るところか)
友達が買ったものを飛ばし読みで充分だった私。

Wさん:「えっ!ヤンギタ見てなかったの!?」
わたし:「機材のページとかほとんど意味わかりませんでした・・・」
みたいな会話でしばし盛り上がりましたとさ。

十人十色(10月だから!)

BGM  Welcome To The Family

人の感覚は様々です。

同じ曲が好きな人同士で話してても、ある人はイントロのリフが好きと言い、ある人は歌メロが、またある人はベースラインがサイコー!と言う。
なんてことがあるかもしれない。(楽器を演る人は基本自分の担当楽器の音に敏感ですよね。)

同じ曲の同じポイントが好きで意気投合できたら掛け値なしにハッピーですが
ずれてたら「そこかよ!」なんて・・・なまじ分かり合えると期待した分だけ近親憎悪・・・。

同じバンドを好きな人どうしで、一方の好きな曲が他方の嫌いな曲だったり・・・。
私は職業柄そういう場面を体験、目撃しますが、ネガティブにとらえず面白いと思う。
たまに「え~?」と感じることがあっても、ずれてるほうが当たり前だと思うようにしています。
素直になるほどと思うこともあるし。

自分の意見を主張するのは構わない。
発信することで初めて同調する人、感化される人が出てくるかもしれませんから。
ただ説得しようとするのはやめましょう。
自戒をこめて・・・。

Welcome To My Family !  RIO!

1
PAGE TOP