2014年5月

ギター&ヴォーカル

本日 The Brian Setzer Orchestra を観に行く・・・

普段よく聴くタイプの楽曲ではないけど
とにかくギターもヴォーカルもハイレベルなお方

ギターは超絶、ヴォーカルだけでも十分聴かせる
それが同時進行!
さらにフロントマンとしての魅せる能力、正にプロフェッショナル
アマチュアがコピーすることを考えたら最難関なのでは?

ジミヘン スティービー・レイ 
デイブ・メニケッティ ムスティン アレキシ
ゲイリー・ムーア ジョン・サイクス カイ・ハンセン・・・

ひぇ~
こういう人たちを好きになっちゃった人は大変だ!
ゲイリー・ムーアが好きで彼のギタープレイを
十分高いレベルでコピー出来てる人はいる
でもギタ&ヴォーでとなると・・・

前出の人たちと比べると
ジェームズは意外とやれる対象なのかな
とは言え
代名詞といえるダウンピッキング、右手殺しの複合ピッキング
アルペジオもスラスラと・・・
リフマスターと称され
よく語られているギターの方はやれてる人がいても
あまり語られることのないヴォーカルの再現性は
イマイチってパターンが多いように思う
(中期以降、歌も上手くなったし、メロディーラインがお洒落になってる)

結局上記の人たちをコピーしようとしたら
まずギターを本格的にやらないとイカンわけで
元々はギタリストが歌もやってみようって流れが多いのでは?
となると、歌はまぁまぁな感じになるのかなと

ヴォーカリスト目線で言うと
ゲイリー・ムーアや Y&T なんかは
ヴォーカルだけでも歌いたいと思うメロディーがある
が、ギターは歌自慢がちょっと頑張って弾けるレベルじゃない

誤解を恐れずに言ってしまえば
歌をまねるのが一番難しい
身体がこの世に唯一の楽器なんだから

話があっちこっちと乱れだしたので終わりましょう
ライブが楽しみです!

ルーク・スカイウォーカー

スターウォーズのエピソード7の制作が決まり
ルーク、ハン・ソロらが登場するらしいなんてニュースを見ました

ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルの近影が
ブルース・ディッキンソンっぽくない?

そんなに似てないか・・・。
まー雰囲気ね。

ただ若いころの顔は
マーク・ハミルはそこそこ美形なのに
ブルースはゴリ・・・・

いや、ブルースは今カッコいいですよね
パイロットシャツ姿なんか、素直に素敵なおじさま

歌凄いですからね~
天は二物を与え・・・
いや、冗談です
バカにしてません
大好きです
最近は Best Of The Beast  収録の
Rime Of The Ancient Mariner (Live)
がお気に入りです!

プレイオフ

NBAのプレイオフのシーズンです
なんやかんやあってもヒート強いなぁ
三連覇は止めたいけど・・・
別にヒートもレブロンも嫌いじゃないんだけど・・・

カンファレンスファイナルで
ヒートを止めてくれそうだった
第1シードのペイサーズがここへ来てイマイチ・・・

サンダーとクリッパーズどっち応援するか迷う
そのどちらか勝者がスパーズ倒してファイナルに
進出してほしい・・・がっ!
ヒートのスリーピート阻止を考えたら
スパーズがファイナル行ったほうが良いかな~

さて本題
ヒートの試合中、ファンが応援でシンガロング?してるのが
The White Stripes の Seven Nation Army っぽいぞ

調べてみたら
何を今さらな感じ
サッカーのチャント(って言うんだって)
なんかにも使われて有名らしい
「ウォーウォオオ ウォーオー!」

 

いろいろと情報が古いようで・・・
なんとか音楽ネタにつないだだけでも良しと言うことで・・・

 

1
PAGE TOP