2015年3月

バイオリズム?

バイオリズム
なんて言う程一定の周期があるわけではないが
「こういうタイプの音が心地よい」
と思うものが入れ替わって回っていく

ある時は
ブルースロックっぽいの
ある時は
メロハー
ある時は
スラッシュ
ジャーマン
テクニカルなものが良い時もあれば
どストレートなハードロックが良い時も

例えばスラッシュな感じが良い時でも
既に知ってる、好きな、安定したものが良い時
じゃなくて新しいものが欲しくなる時

と、いろいろだ

例えば未知のスラッシュが欲しくて
なんらかの情報であるアルバムを
買ったり、借りたとしてもタイミングがなくて
腰据えて聴く前に周期が回っちゃって
もうぜんぜん聴く気にならないなんてことも・・・

逆に何年も前から持っていた音源に急にはまりだすことも
あるわけで・・・

ただでさえ、最新の音をどんどん仕入れる方ではないうえに
仕入れたとしても上記のような流れで
「何を今さら」みたいなはまり方をすることも

ガルネリウスのANGEL OF SALVATION
に今さらはまりだした
結構以前からアルバム聴いてはいたんだけど
ここへ来て周期と重なったか?
アルバム通して良いけど特にこの曲に
14分が全く苦にならない
1回聴き終わってすぐリピートなんてことも

Vetelgyusも もうちょっとちゃんと聴いてみよう

ちょっと前にはまったのが Seventh Wonder
聴きやすい Alley Cat から入って次第にアルバム
別のアルバムへ
なんか急に「このヴォーカル半端ねぇ~」とか思い

このところの流れはメロディーとテクニカルなのかな

1
PAGE TOP