2015年5月

お~なかなか

はい、すいません。
ご無沙汰しております。

久しぶりにYoutubeで面白いの見た

Steve 'n'Seagulls

カントリーバンドがメタルの名曲カバー
って感じの動画。

古くは Apocalyptica
最近では チェロ2人のやつ
アコギ1本で表現
など、メタルの名曲カバー系もいろいろだが
それぞれ面白いけど、ネタの域を出ないなと
いつまでもは聴いていられないなと個人的には思っていた。

今回のはちゃんと「バンド」な感じがするのが良い。
これなら飽きずに観ていられる。

コーラスが良い感じ!

それにしてもこの手のカヴァーの題材に
Thunderstruck
が選ばれる度高い。
そしてそういうのを聴くたびに
「意外(?)と歌メロが良いんだな」とか
「展開が素晴らしい!」とか再発見がある。

AC/DCは大好き。
大好きだからこそか?
分析なんかする必要がなく
このバンドの歌メロがどうとか
ある曲の展開がどうのとか考えずに、感じずに
当たり前に好きだったりするので
カヴァーされることで原曲の価値を再認識したりする。

 

1
PAGE TOP