ホーム > キャプテンブログ > 音楽談義 > 一人称代名詞(17/30)
キャプテンブログ

一人称代名詞(17/30)

当ブログでは自身のことは
「私」たまに「自分」で書いていますが
店で話している時は「俺」「僕」が多い。
(わざわざ書くような特別なことではないが)

その他実際に使うことがあるものとして
「父ちゃん」「おじさん」「わたくし」「おいら」「筆者」
特別なものはないけど、それでもたくさんありますね。
これ英語ならすべて「I」ですよね。

海外アーティストのインタビューの翻訳
一人称代名詞どれを選ぶかで印象変わると思うんだけど
どう決めるんでしょう。
直接会うことなどほぼ無い上に
自身で英語のニュアンスまで分かるわけじゃない私からしたら
翻訳、つまりは発信側の選択でイメージ決まることになる。
話してる雰囲気、その他の部分で選んでいる表現
丁寧な感じか、不遜な感じか
きっとまあまあ妥当なものが選ばれているんでしょうけど。

イングヴェイの場合
ほとんど「俺」が選ばれているのでは?
でも「俺様」でも良い感じ?
これもし全て「私」にしていたら
「わたくし」にしていたら
「この似非貴族が!」から
「さすが育ちが良いようで」って大きく印象変わる・・・かもね。
「おいら」にしたら・・・暴言も可愛く感じるかな。

そういえば昨日指摘した「うち」
複数形で「うちら」なら私も使うかも
「うちらメタリカやってます」
「うちらはトリビュートバンドじゃないっす」
みたいな。

私の近しいところで実際に使っているのを
見聞きしたことがあるものでは
わし(地方によっては普通ですかね)
俺様(古い友人、アホか!)
やつがれ(ボキャブラリあり過ぎ、なにこれ?)
おら(おれに近い、東北出身の可愛い女性)
自身の名(子供、女性)
自身の姓(矢沢、あっ近しい人じゃないや)
朕!(そんな身分の人ここ来ちゃだめでしょ!「ちん」てカッコ悪いし!)

「感じ」「的な」「みたいな」「・・・」
気になる表現、断定的表現を避ける傾向・・・。

BGM Heaven [Live] / Gotthard

PAGE TOP