音楽談義

文章力不足(7/30)

バラードを挙げると言うより
After All These Years を挙げたいってことだけで書き始めた。
ならば挙げる理由を書き、定義について触れるも
それを書き切るほど音楽を解ってるわけでもなく
さらにそれを文章にする難しさ・・・
後で読んでみると文自体はそれほど長くはなかったけど
書きたいことにうまく繋がらない感じに疲れて・・・
文章力の限界、気力もなくなり・・・涙、涙

バラードって?
メタルって?
サビって?

自分の認識と他人の認識の差
正確な情報、定義、そういうことが凄く気になる。
ブログ=日記なら間違ってようが、ずれてようが
俺はこう思うで良いんだろうけど

出来れば分かりやすく、正確な表現で
共感か理解か・・・
なんて考えるとま~進まない進まない。

どれだけ分かりやすく書いたとしても
受け取り側の読解力に寄ることもあるし
共通のデータベースがあるのが前提になってしまうこともある。
みかんを食べたことがない人にみかんの味を説明することはできない。
(はい、ここ!今日書くことが決まってた部分)
何十年も前に読んだ漫画にでてきたセリフ。

回りくどいのも、理屈っぽいのもスタイルなんで
それが気になる人はそもそも読んでないわけで
そんなことを気にしてもしょうがないし
じつはそんなに気にしてないが
チャレンジ中でなければ上げてない回だったな
全く納得いってないが、オチは気に入った。良しとしよう。

自身のブログをネタにし、最後は「良し」にしちゃう・・・
なんともカッコ悪いが・・・良しとしよう・・・


BGM  Unchained / Van Halen
 

バラード?好きです(6/30)

元々歌うことは好きだった。
メタルに素直にハマれたのは
楽曲のヴォーカルパートが分かりやすい
充実してたってことが大きいと思う。
歌謡曲を聴いていた流れで、違和感なく聴ける音楽だった。
もちろん、歪んだギター、激しさ、リズム・・・
そういう独特な部分も含めハマっていったわけだが。

ヴォーカルパートの充実、例えばバラード
好きなバラードを何曲か挙げてみよう!
・・・
・・・ ・・・
ん?
バラードって何?
どこからどこまでがバラード?

イントロ→アルペジオ
ヴォーカルライン→静か
ミドルテンポ、サビ綺麗・・・
でザーン!ってなっちゃう曲多いよね
メタリカ、One みたいな。
ここで音楽講座する気もないし、能力もない
だからここでのバラードとは
「多くの人がバラード的な要素が含まれてると感じるであろう曲」
ってことかな?
なんだこれ?
「的」な上に「であろう」って・・・曖昧すぎ・・・
で、導入が長い、回りくどい
くどすぎて本来の趣旨である楽曲の紹介をする気が失せてきた・・・はぁ~
全部消して書き直そうかと思ったけどこのまま上げておく。

で?曲は?じゃ、とりあえず1曲だけ
After All These Years / Journey
お~美しい!
2コーラス後のサビ(サビって何?)
あーん高すぎて歌えない・・・

メタルじゃないし・・・
この曲挙げるだけなら、ほとんどの部分無意味な文
まさに蛇に足つけちゃった気分・・・駄作・・・
はぁ~
明日はお休みです・・・

ロック川柳3(5/30)

問題作 時が経ったら 問題なく
明日はちゃんと書く・・・予定・・・

BGM  Woodpecker From Mars / Faith No More

ロック親父の小言?(3/30)

大好きなバンドへの思い入れが先入観になる
自分勝手な定型を作る・・・的な・・・
そんな解説めいたことを考えていたら

ないつもりであるのが先入観
あるつもりでないのが公平観

どこかのスナックのトイレに貼ってあった
「親父の小言」的なことを思いつき
「ロック川柳」に加えて「ロック親父の小言」
ってのも良いかなとか。

昼の出来事
道を歩いていたら、後ろを歩いていた人が並びかけてきた
相手はこっちを意識してるわけではないが
こっちはなんとなく抜かれまいと意識
ザッザッと相手の歩くリズムに合わせて少しピッチを上げてみた
真横に来た時のチラっと見える感じで背の高い外国の方とわかる
ピッチを合わせているつもりなのに抜かれそうになる
そりゃそうだストライドが違う
なんてことを考えながらしばし勝手に競歩対決
頭の中は思考が巡る
ストライドは歩幅、ピッチは?歩調かな?
ピッチって音楽用語なら?調子?音調?後に調べる音高とあった
ピッチがあっているのに互いがずれていく
オッ!バンドっぽい
ずれる原因ストライドはリズムに相当か?
でも歩きの場合はピッチを合わせることのほうが
リズムを合わせることに似てるな
とかとかとか・・・


BGM Rocket Queen / Guns N' Roses

さてさて・・・(2/30)

剛からの修。
2日目でもうツライ・・・
まだ軌道に乗ってないしね
長距離走も走り初めが辛いもんね

今回のチャレンジにあたって何も出てこない時どうするか?
ってのは当然心配するわけでその場合の対策を考えた
そのうちの一つが「ロック川柳」でごまかすと言うもの。
(対策として発案しただけで、川柳自体を考えて書き溜めてあるわけではない)
まさか、2日目から使うはめになるとは・・・

良作も 名前が邪魔して 駄作扱い

名前➡期待でもいいかな
あとは解説なし!聞きたい人がいたらお店で!

BGM 2×4/ Metallica

皆さんありがとうございました。(1/30)

今年の Fuel For Live もお陰様で
無事、楽しく、終えることができました。
ありがとうございました。

個人的にはミスだらけのステージでしたが
メンバーに支えられてどうにかこうにか・・・
もっといい演奏をと思いだけはあるのだが・・・

イベント自体は他の出演バンドの良いパフォーマンス
新旧のお客様たちとの交流、BGM、ビール、差し入れのサワー
と楽しみまくった次第です。
主催である私が一番に楽しんでるのは
ホントはイカンのでは?と思いつつ
同じように楽しんでくれた方が1人でも多かったら・・・と。

細かい感想はまた追々小出しに
何故ってネタを取っとかないと
何故って
今日からブログ30日連続更新チャレンジを始めるから
(あー言っちゃた・・・)
あまりにサボリすぎてかつては
楽しみにしてるよ
なんて言ってくれてた方々含め
このページにアクセスする人がどれだけいるか疑問ですが
思い付きのチャレンジ企画
やるなら、ライブが終わったこの時期しかない。
やるならいましかねぇ~
いつやるか?今でしょ
ってわけで、定休日の月曜日だけはブログもお休みしますね。


BGM Know Your Enemy / Rage Against The Machine
 

Fuel For Live 12 出演バンド紹介3

JACK N' ROSES
今年の2月に組まれた Guns N' Roses バンド。
結成2ヵ月足らずの初舞台でクラブチッタ(!)を経験済み
当ライブ初登場でエースポジションのトリ前です!
結成からの日は浅いとは言えメンバーは揃ってますし
ガンズと言えばそのポピュラリティはオールタイムでも最高クラス
お馴染みの曲で盛り上がること必至!
ちなみに今回のフライヤーの絵は
難関アクセルをこなすVoエイシュンの手によるもの
いや~フライヤー見てるだけで酒が進みます

Fuell
もうベロベロに酔ってますね
わたくしが Vo&Gt を担当する Metallica バンド
メタリカへのこだわりは強く持ちつつ
やれるようにやる やりたいようにやる がコンセプト。
可愛すぎるドラマー Drアキ
バンド内ニックネームは風貌がちょっと似てるギタリストから Gtケリー
堅実そうに見えて実は自由人 Ba クリフ
でお送りいたします。
酔いつぶれなかった人、最後にもう一盛り上がりしましょう!

Fuel For Live 12 出演バンド紹介2

Grigla
長いバンド歴の大半で非メタル(オアシス、グリーンデイ、クラッシュ等々)
を演っていた彼らが、一時期やっていたメタルを久々に。
1人は手放したメタル向きのギターを買いなおし
1人はしまいっ放しだったジャクソンをフルメンテ。
カウントダウン期の Megadeth を中心に、歪みが効いたサウンドをかまします!
ジャンルが変わってもこのバンドが持つグルーブは変わらないことでしょう!
益々、酒が進みます。

DATM
Dokuyamada Against The Machine
毎年、手を変え品を変え楽しませてくれる毒山田氏

その時一緒にやってみたいと思うメンバーに声をかけたり
やりたいバンドに合わせてメンバーを集めたり
いろんな企みを豊富な人脈を活かしてカタチにします。

今年は当店に出入りする唯一のラッパーを引き入れ
バンド名通り Rage Against The Machine を演ります!
抜群のリズム隊を土台に変態的ギターと攻撃的ラップが暴れます!
割ったナゲットを肴に酒が進みます。

K.K.Ranger
店内随一の腕を誇るGt、出演メンバー中唯一の20代Vo
信頼厚いBa、美熟女Drと個性豊かなメンバーが
80年代HM/HRのオイシイ選曲のライブを!
(Ozzy,Dokken,Night Ranger,Queensryche,Skid Row,Badlands...)
今回はどんなセットリストを聴かせてくれるでしょうか?
普段は飲んだくれのメンバーも
本番前は酒を控えて熱いプレイで観客を酔わせます!
酒が止まりません・・・

 

Fuel For Live 12 出演バンド紹介1

バカバッカス
歌唱力に定評のある女性Voを携えて
Superfly、浜田麻里などをプレイ。
安定のリズム隊、ノリノリのギターで熱いステージを見せてくれることでしょう!
のっけから酒も進みます!

Nippless
スタジオでの練習帰り、いつも当店に寄って頂き
ゲラゲラと笑いながら、かなりの量のトマト割りを飲んで帰る陽気なメンバー!
その雰囲気が彼らがプレイするデイヴ期の Van Halen によくマッチします。
安定の演奏陣、コーラスにもこだわる、続いて酒が進みます!


Deca Deca ざんす!
ご常連ドラマーcozyが東京で活動するメンバーを率い当ライブへ殴り込み!
Extremeをプレイ。

ファンキーなリズム、テクニカルなギター、美メロと見どころ満載
またまた酒が進みます。
エディの後はヌーノですね。ギタリストの腕(の太さ)に注目です!

いよいよですね!

当店主催、1年に1度の気合いのイベント
Fuel For Live 12 が近づいてきました!
まずはタイムテーブルを!
次回からバンド紹介を載せていきますので
皆さんよろしくお願いします!

14:00~ Open
14:30~ バカバッカス
15:15~ NIPPLESS
16:10~ DECADECAざんす!
17:05~ GRIGLA
18:00~ Dokuyamada Against The Machine
18:50~ KK RANGER
19:45~ Jack'n'Roses
20:40~ Fuell

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

PAGE TOP