ホーム > キャプテンブログ

キャプテンブログ

あ~秋・・・。LIVE 続報!

秋分を迎え、朝晩は涼しくなり、夕方の陽が落ちるのも早くなってきました。
ここから先は Fuel For Live 2013 一直線です。

今月の頭に第一報を出して、続報を次々と・・・
の予定がもう月末
そろそろ本番まで1ヶ月です。

今年のラインナップは・・・

MK650(えむけーろくごーまる)→
第2回から毎回オープニングを担当してもらっている。
元、現役を含め仕事仲間で組んだバンド。
古き良き学生時代を喚起する、ある意味 Fuel For Live の顔であり
イベントの方向性、臭いを体現しているバンド。
邦楽ロック、ブルーハーツ?等をプレイ予定。


GRIGLA(グリグラ)→
分裂期を経て再結成。
メンバー同志はガキの頃からの付き合い。そんな彼らもアラフォー・・・。
分裂していた時期も含め、このバンドのメンバーが関わるバンドは
Fuel For Live ベストバンド賞の常連。下町の実力者。
私個人とも最も古い付き合いのバンドで、私は彼らのファンです。
グリーンデイ等プレイ予定。


那ノ華GoA(なのはなゴア)→
親しくお付き合いさせて頂いてる八丁畷の沖縄料理屋
「琉球ダイニング那ノ華」http://www.ryukyu-nanohana.com/index.html
の店長、お客さん、仲間たちで成る。
唯一バンドの平均年齢が30を下回るバンド。
ドラゴンアッシュ予定。

以下、続報。

「あ~ん行きたい!」

sample4.png

ある女性のお客様に、ライブの告知とお誘いをしたところ
日曜日はどうしても仕事の都合で行けないとのこと・・・残念!

彼女曰く
「あ~んイキたい~」 「ナマは良いよね~」

はい、そのセリフだけで十分です。

お下なネタですいません。

皆さんライブへのご参加ヨロシクです!

今年もやります!

Fuel  年1回の恒例最大行事!

Fuel For Live 8  -2013-

11月3日(日)
川崎 セルビアンナイトにて! http://www.serbian-night.tv/floorguide/access.html 

メタリカ、エクソダス、MR.BIG、グリーンデイ、ドラゴンアッシュ・・・

出演バンドメンバーの大半が当店のお客様。
ライブ当日のお客様含め、和気あいあいとした雰囲気の中
それでも舞台にあがれば
その気になってはしゃぎ、汗水、鼻水、唾を飛ばす!
客席からは激しい拍手と心温まる野次が飛ぶ。

20代からアラフィフのおじさままで
和やかに激しく、良い加減に無理をして
音楽、バンドを楽しむ。

そんなイベントです!!!
んっ!?分かりづらい?

既に当店に飲みに来ていただいているお客様
もちろん初めて当店、当イベントを知った方も
皆さん応援に駆けつけてください!!!

チケット 1,000円 発売開始いたしました。
 

サマソニ、メタリカ。

あ~あ~、大分経っちゃったな~。
興奮冷めやらぬレポートってわけには行かなくなっちゃいましたが、一筆。

メタリカは「役者」だな。
今やYouTubeなどで、ごく最近のライブも含めいろいろと見られる時代。
いつでも、どのライブでも、同じように煽ったり、MCを入れたり・・・
知ってて見てるのに
「メタリカファミリーだ!」なんて言われるとその気になってくる。
ジェームズ、今日は特に気分良いんじゃないか?なんて思ってしまう。
「すぐ戻ってくるぜ!」って3、4年後なんだろうけど
ひょっとして?なんて思ってしまう。

まーそんなのはファン心理ってやつですが
サービス精神旺盛。
演奏は「ん!ん?」ってなることはあっても手抜きでは無いんだな。

一つ前のリンキンパークの方が一般的な知名度も含め集客は多かったかもしれない。
それでも、あの過酷なフェスのトリで
このジャンルの海外アーティストが日本のスタジアムであの集客。
曲によっては単独公演並の盛り上がり、一体感。
う~ん。モンスターバンドだな~。

体力切れと水分不足もあって
最後の数曲は後ろのブロックへ。
スタジアム全体の反応も見てみたかった。
Enter Sandman は当然としても、Creeping Death の認知度も相当高いと感じた。

凄いことだなー。
アルバム「Ride The Lightning」 の頃に今のメタリカの成功を誰が想像したか?
本気でそれを思い描いていたのはラーズだけなんじゃないかな。

Puppets,Battery,One,Seek
定番は外さず盛り上げつつ
Carpe Diem Baby , I Disappear  など初めて聴けた曲もファンとしてはありだった。

(I Disappear  のカークのソロ好き。例によって再現性はテキトーだったけど・・・)
どうせなら St. Anger からも演ればいいのに。

ちょっとだらけてくる頃に「オイ!オイ!」と煽られ
定番曲で盛り上がり・・・。
曲はもちろん良いけど、全ての曲が認知度が高いわけじゃない。
演奏力は決して高くない(そこを突き詰めようとしてない)

それでもやっぱり盛り上がる。
「ライブバンドとしての強さ」としか言いようがない。


改めて「うんやっぱりカッコいい」と思ったのは
Blackened , For Whom The Bell Tolls あたりかな。

最近は客も、そして本人たちも飽きないようにってことなんだろう
今まであまり演らなかった曲もちょこちょことセットに入れたりしてるようだ。

それにしてもそろそろニューアルバム、新しい楽曲が欲しいですね。
今年中に間に合うのかな~?無理かな~・・・。

サマーソニック

サマソニ(10日、土)行ってきました。
以下、感想。

暑すぎる!
マリンのアリーナ後部、せめてアリーナへの経路、外周にタープ張るなりして
もう少し日陰確保できないかな?
危ないイベントだ・・・。

Bullet For My Valentine 
ヴォーカル、心配してた声量は大丈夫だったけど音程は・・・
最新アルバムの曲は正直ピンと来てなかったが
LIVEでの Riot はイントロで「おっー!」と来た。
LIVE映えするってのは良いことだが・・・

Fall Out Boy
全然知らないで観たけど良かったな。
後から聴いてみたアルバムの印象よりさらに
ギターの音が立っていてバンド感があった。

リンキンはさすがの集客でしたね~。
後から調べて分かったメドレーカッコ良かった。
コーラスとか、徐々に盛り上がってくる感じとか結構浸れた。
Shadow Of The Day U2っぽい。

Volbeat
メタリカは別格として
1番見たかったバンドでしたが・・・
起きれず・・・間に合わず・・・。

ホルモン、圧巻の上半身バンギング・・・。

ONE OK ROCK 
集客凄い。しかも男性率結構高そう。
くさい、熱いMCも不思議と気持ち悪くない。
メジャー感がある。
英詞の曲とか
ペラペラっと英語のMCをいれたり
彼は留学でもしてたのかな?
ブレーンが良いのか?サラブレッドのなせるわざか?

いずれにせよ、おっさんが素直に「好き」とは言いにくいバンドだが・・・好感。

METALLICA
についてはまた次回。

Judas Priest の名盤

Judas Priest の名盤と言えばやはり Defenders Of The Faith でしょう。
Painkiller も勿論良いけど・・・。

Painkiller は特に後半4、5曲の組曲的起承転結感は素晴らしい。
このアルバムの頃だともう最初からCD。
A面、B面に分かれてない。
もしアナログ盤があったら、Night Crawler からB面だろうな~。
完璧なB面だな。

ただ、ジューダスがよりエポックな存在だったのは「背徳の掟」の頃だろう。
無駄な力みがない?
のびのびと自分たちのやりたいこと、やれることを普通にやったら
「あっ、良いアルバムできちゃった」みたいな。

「ペインキラー」は聴く人からどう受け取られるかを計算したアルバム
よりヒステリックにエキサイティングに・・・
猛威を奮っていたスラッシュメタル勢からの影響は隠せない。
(スコット・トラヴィスの加入がそうさせたのかもしれないけど)
だからこそ後半が良い。
よりストレートにプリースト節炸裂!って感じが。
もちろんそれはヒステリックな前半があってこそより輝いているのだとは思うが。

うーん・・・。
やっぱり好きなんだな。
ペインじゃなくて背徳が名盤と書こうとして結構語りたくなってきちゃった・・・。

しかも実は背徳を語るのもそこそこに
ここでは「ターボ」について語ろうとしてたんだけど・・・困った。

困ったからまた次回に続けるとして
ペインキラーの8曲目 A Touch Of Evil の最後のサビ
ロブのハモリ?オクターブ上のメロが凄すぎる。
アルバムのツアーでの来日公演(91年、代々木だったような・・・)
は私が体験したライブの中でベスト。
All Guns Blazing のイントロのハイトーンはホントしびれた。

British Steel も忘れてないよ。

捨て曲無しの名盤 2

Appetite For Destruction / Guns N' Roses

も名盤ですね。
こちらは前回の Master Of Puppets とはまた少し違って・・・

このアルバム自体がベスト盤状態。
人によって、好みによって1、2曲「スープ曲」もしくは「捨て曲」
があるかもしれませんが
ガンズが大好きでコピーバンドをやってるとしたら
どの曲もやりたい曲なんじゃないでしょうか?

あくまでも「アルバム」として評価するなら
起承転結の妙をより強く感じる Master Of Puppets に軍配を上げますが・・・。

例えば「ガンズの1st から何か1曲かけてくれ」と言われたら

「う~ん1曲だけですか?困ったな~」となる。
そういうアルバムだと思います。

結局
Sweet Child O' Mine をかけてしまうんですが・・・
「これが聴きたい」と指定されるのは
Paradise City が多いかな~?
いずれにせよ、どの曲かけても許されそう。
敢えて言うなら、私が選ばないのは
Anything Goes くらいかな?


またその後ラストトラックの
Rocket Queen が良いんだよね~

捨て曲無しの名盤?

「捨て曲無しの名盤」なんてたまに言います。

わかりやすいところで 
「Master Of Puppets」 

本当にそうか?

例えばメタリカでベスト盤をつくるとしたら

The Thing That Should Not Be
Leper Messiah
は選曲されるか?

いやいや、Leper Messiah は良い曲だ、好きだ。
The Thing・・・ だってと言う声はあって当然。

ただ、シングルになるような曲か?
ライブで1曲目やラストに演るような曲か?
それでファンが喜ぶような曲か?
と言ったら、それはやはり違うだろう。

この2曲は「Master Of Puppets」と言う作品にとって
緩急、メリハリ、バラエティーを加える役をになっている。

スラッシュメタルの、メタリカの王道と言える曲はやはり
Battery であり Damage Inc. だろう。
掛け値なしに代表曲であり、ライブの最後にやったらスッキリ帰れる曲。
でもアルバム1枚全編こういう曲で埋まっていたらどうか?
(ま、それはそれで凄いアルバムか・・・)

Welcome Home ,Orion 
といった曲も含めアルバムに緩急、メリハリをつけるだけじゃなく
その曲が次の曲の導入になっている(そう感じる)
その曲があるから次の曲がより引き立つ。
全編が組曲のような起承転結があり、捨て曲が捨てられない曲となり
「名盤」になる。

「捨て曲」って言い方が良くないんだな。
わかっていて敢えてここまで「捨て曲」なんて書き方をしてきました・・・。

フレンチのフルコースがずっとメインディッシュだったら嫌だよな。
お高い割烹料理屋で、ピカピカの刺身に付いてくるワサビが
スーパーの刺身に付いてくる小袋のワサビだったら嫌だよね。

和食なら箸休め、つま、あしらえ、そういうものを含めて一つの料理、コースが
完成する。
ガリやらつまも職人の手作り、煮物に入っている野菜の切り方にも技がある。
みたいなことでしょうか。

敢えて「捨て曲」疑惑をかけた前出の曲も「手抜き曲」だったら
それこそ本当の捨て曲。

結論
「Master Of Puppets」 は捨て曲無しの名盤。
捨て曲の新名称、つま曲、スープ曲、生ワサビ曲・・・考え中・・・。

 

7月ですもんね~・・・。

暑いですね。
こんな時は「手作りギョーザ」でビールはどうでしょうか?

もう7月。
今年初めに書いた
スラドミ、ボン・ジョビのニューアルバム、ヴァン・ヘイレン・・・
全部終わって、サマソニ、メタリカも後ひと月。

Dehaan と名乗ってフェスで Kill 'Em All 全曲(メドレーだったのかな?)
やったようですが、その後はやってないみたい。

どう来ますかね~?

ヴォルビートも楽しみ。

あらあら・・・

BGM  Silent Revenge / Hibria

7月になってしまいました。
気付けばブログ未更新最長になってしまった・・・。

前回触れた NBA は苦しみながらもヒートが連覇を果たし・・・
来シーズンこそ打倒ヒート、スリーピート阻止!
同カンファレンス、ローズ復帰のブルズを中心に
サンダー、クリッパーズあたり若いエースがいるチームに頑張ってもらいたい・・・。

Van Halen の来日公演も・・・
ロスのショーマンシップ、エディーの完璧かつ余裕の演奏力と
かなり良いステージだったようで・・・

あ~話題が遅い遅い・・・。
 

« PREV 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
PAGE TOP