ホーム > キャプテンブログ

キャプテンブログ

例えば・・・LOADが好き

誰かが言った意見にまっすぐ「共感」できたら気持ち良いですね
例えばそれが
「Metallica のアルバムなら Master Of  Puppets が好き」
という多数派の意見じゃなく
「Load が好き!」
なんていう少数派の意見での共感ならより価値を感じるかも
あ、私はパペッツが好きです あくまで例です。

最初から共感できなくても、解説、理屈を聞いて納得 ➡ 共感
となることもあるかも。
共感は一つじゃないし、矛盾する共感もあるかも。


その意見を言ったのが「誰か」によっても
共感する、しない、共感までの時間が変わることも
前提に信頼がある人の意見と、そうでない人の意見とでは
同じことを言っていても
とらえ方は大きく変わることもあるでしょう。

または自分の心身状況によっても変わるかな
イライラしてたから素直に聞けませんでした
みたいなこと。

また家族でも恋人でも先輩でも
大事にしたい人の意見なら
まっすぐ共感できない意見だったとしても
合わせる、無理に合わせる、尊重するうちに
共感に変わることもあるかも。

人は曖昧な生き物 
漂う雲か 川を泳ぐ魚
変わっていくもの

自身の感覚ですらあやふやなのに
他人との関係なんて脆く儚いもの

もちろん変わらないこともありますが!

いろんなことをおしゃべりして
次から次へ感覚を共有できるような相手がいたら
それはとても貴重な存在。
そんな人とはそう何人も出会えないでしょう
そんな方々とはできれば長くお付き合いしたいものですが
そんな関係ですら状況は刻々と変わっていく。
「あたいそんなあいてにあいたい」

(回文。嘘。回文風ダジャレ。にもなってないか・・・)

でも先に書いたように
共感にも共感っぽいとか、ほぼ共感とか、共感したふりとか
勘違いとか、時間が経って感覚が変わるとか
いろいろあるんじゃないでしょうか?

自分の分身みたいな感覚を持つ他人なんていないんじゃないかな?

ここまで前置き(えっ?長い!くどい!)

じつは大切なのは先にちょっと出した「尊重」の方なんじゃないでしょうか。
「意見、感覚は違うけどそれはそれとして認める」ってこと。

うまくまとめた風ですが・・・
イマイチだな。
尻つぼみ感を恥ながら終わらせましょう・・・。

「人は」なんて一般的な話にせず
「私は」と限定したほうがむしろ共感されるものかもね。

凄いデザイン・・・


image2.JPGのサムネール画像

お客さんが見せてくれた Dirkschneider のTシャツ・・・すげー
この顔ならある意味アートだ・・・ これは着れるかも・・・

以前PVでウドのアップが延々と続くものがあると言うネタを書いたことがあった。
ご自分のお顔お好きなんですかね・・・ 
それともご自分のお顔がアートだと自覚してるのか・・・

たまには・・・

あまり自分語りはしたくないのだが・・・

ブログなんて端から自分語りツールだろ
せめて店語りなら
せめてオチのつく話を
なるべくなら音楽にまつわる話を
語るにしてもお店で直接

なんてことを意識しながらたまには・・・

先日小説を1冊読んだ。
音楽、音にまつわる話をベースに主人公の成長物語。
非常に読みやすく、ダーっと半日で読み終え・・・

本、活字ってやっぱ良いなと
常にではないけどたまに無性に本を、活字を、物語を欲するときがあり
そこそこ好みのものであれば、先を急いで読んでしまうし
読後の充実感も気持ち良い。

音楽よりは直接的、映像よりは感覚的
自身の資質としても言葉への反応のほうが幾分強く、敏感か?

物語の中の主人公と年齢も職業も違うし
ぶつかっている問題も違うのに
なぜか参考になる?
繋がる?同調する?ような気がするときがあって
そこに出てくる台詞や物語の進展に伴って
読んでるオッサンの気持ちがスッと軽くなるようなことがあった。
(つまりは良い作品だったのかもしれないが)

読むのはほとんどミステリーばかりなのだが
青春小説、成長物語、たまに読みたくなる
青春も成長もほとんど無縁のものになっておりますが
ノスタルジーだけじゃなく、なにか感じることがあったりして。

 

Fuel オリジナルTシャツ 新作!

販売開始しました! 2700円です!

image2.JPGimage1.JPG

取り急ぎ

ゴールデンウィークは2(月)の定休日を休むだけ
通常通り営業しております。

 

新Tシャツができました!

今年の主催ライブが 10月23日(日)
にきまりました!

リンゴ入ってんねんけど・・・

音楽的刺激が無いといっても
8割がた受け取るこちらの感度の問題なのだが・・・

昨夜書いたYoutube 巡り
とっかかりとしてメタリカ
2016年最新のライブ、フルの動画が上がってはいたものの・・・
選曲も演出も特に変わりなく・・・

ライブ始まる前のBGMがThe Boys Are Back In Town
あ 会場サンフランシスコだからか
ついに Seek&Destroy 最後じゃなくなった
For Whom トゥルージロのフレーズ良い

と多少の発見はあれど鈍った感度に強く訴えるほどの刺激はなく・・・
とにかくニューアルバムを!早く!

その後ちょこちょこと関連動画を巡って
結局・・・

女優さんの関西弁で萌えってるという・・・(有村架純!)

そのあと超絶フリーキック動画・・・(ベッカム、ロベカル!)

ダメだこりゃ

あれあれ・・・

口ばっかりですみません。
ブログが進みません。

ここではなるべく音楽にまつわる話を載せたいのだが
音楽的刺激がイマイチだ。
古くても良いし、瞬間的でも良いから

「ぬぉ~是非ブログに載せよう!」
と勢いづく音に出会えれば書く手も軽くなる・・・
と言い訳ばかり・・・

そういえば!

Nashville Pussy
のライブ映像はかなり良かったな~
名前くらいは知っていたけど
ちゃんと聴いたことなかった。

やっぱりライブだよな
映像だよ。

最近Youtube巡りもあまりしてなかったしな。
よし!
巡ろう!

お世話になりました

新年は5(火)より営業いたします。
ブログもうちょっとがんばります・・・

忘年会やりましょう!

もう年末ですね・・・
まともに更新もせず、やっと書いたと思ったら営業です・・・

忘年会やってくださ~い!

料理は鍋を中心に9品
2時間30分の飲み放題込みで
お一人様4,000円

お問い合わせは
044-246-5234まで!

お疲れ様でした~

例によって、ライブを終えて燃え尽きのダルダル
でお礼も遅れてしまいました。

出演者、来場者、陰ながら応援してくださった皆様
ありがとうございます。

まずは、続けられていることに感謝
至らぬ点はゆっくり改善していくとして・・・苦笑

また来年も変わらずに出来たら
それで良いかなと。

よろしくお願いします~!

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP