ホーム > キャプテンブログ

キャプテンブログ

一人称代名詞(17/30)

当ブログでは自身のことは
「私」たまに「自分」で書いていますが
店で話している時は「俺」「僕」が多い。
(わざわざ書くような特別なことではないが)

その他実際に使うことがあるものとして
「父ちゃん」「おじさん」「わたくし」「おいら」「筆者」
特別なものはないけど、それでもたくさんありますね。
これ英語ならすべて「I」ですよね。

海外アーティストのインタビューの翻訳
一人称代名詞どれを選ぶかで印象変わると思うんだけど
どう決めるんでしょう。
直接会うことなどほぼ無い上に
自身で英語のニュアンスまで分かるわけじゃない私からしたら
翻訳、つまりは発信側の選択でイメージ決まることになる。
話してる雰囲気、その他の部分で選んでいる表現
丁寧な感じか、不遜な感じか
きっとまあまあ妥当なものが選ばれているんでしょうけど。

イングヴェイの場合
ほとんど「俺」が選ばれているのでは?
でも「俺様」でも良い感じ?
これもし全て「私」にしていたら
「わたくし」にしていたら
「この似非貴族が!」から
「さすが育ちが良いようで」って大きく印象変わる・・・かもね。
「おいら」にしたら・・・暴言も可愛く感じるかな。

そういえば昨日指摘した「うち」
複数形で「うちら」なら私も使うかも
「うちらメタリカやってます」
「うちらはトリビュートバンドじゃないっす」
みたいな。

私の近しいところで実際に使っているのを
見聞きしたことがあるものでは
わし(地方によっては普通ですかね)
俺様(古い友人、アホか!)
やつがれ(ボキャブラリあり過ぎ、なにこれ?)
おら(おれに近い、東北出身の可愛い女性)
自身の名(子供、女性)
自身の姓(矢沢、あっ近しい人じゃないや)
朕!(そんな身分の人ここ来ちゃだめでしょ!「ちん」てカッコ悪いし!)

「感じ」「的な」「みたいな」「・・・」
気になる表現、断定的表現を避ける傾向・・・。

BGM Heaven [Live] / Gotthard

ぶっちゃけちょーやばい(16/30)

ぶっちゃけ
ちょー
やばい

極力使いたくないと思いながらもよく使う言葉。
(よく使っちゃうからこそ気になるんだな)
最頻出語は「やばい」か?
どれも言いやすくて、多様な意味があって使い勝手が良くて
ついつい多用してしまう。


読み返して直すことができる
書き言葉ならなるべく言い換える。
その言葉が表現したいことに一番適しているなら
その限りではないし、
あえて使うことはあるけど。

言い換えするとなると・・・
「ぶっちゃけ」は難しい
遠慮なく言わせてもらえば
率直に言って
正直
かな。

口語では
「ぶっちゃけ(て言うと)メタリカ嫌いなんだよね」
と()の部分が省略できる
「率直に(言って)メタリカ嫌いなんだよね」
()内省略できないことはないけど
こんどはニュアンスが少しきつく感じる
「正直メタリカ嫌い」
これが一番近いかな。

「やばい」は
ダメと良い
真逆の意味に使えちゃう
気をつけないといけない言葉
言い換えもその時々で多様。
「メタリカのニューアルバムちょうヤバイじゃん」
「ラーズの見た目ヤバクない?」
良い意味、悪い意味どっちに感じます?
前後の流れと共通認識で変わりますね。

「ちょう」は言い換えは簡単
発音が楽だから連発しかねない
「長介の演技ちょうスゲェ」
意味被ってるよ!
「ちょう」の使い過ぎは・・・ぶっちゃけバカっぽい。
超法規的措置の意味、ちょっと誤認してたな。

Q「お前あの問題どうなってんの?カタついた?」
A1「いや、全然。ぶっちゃけちょうヤバイ・・・」
A2「いや、全然。正直言って凄くマズイことになってる」
うーんA1だな、使っちゃうな・・・
私としては、せめて「ちょう」だけでも使わないようにしたいところ・・・

TPOさえわきまえていれば良いんですけどね
同じ言葉ばかり使っていると
語彙力が落ちる、増えないそれが一番問題だと思う。

娘の一人称が「ウチ」なのが気になる・・・
(関西ならなんの問題もないんだろうけど)
「私」を使いなさい「わたし」ね「あたし」じゃないよって言うんだけど
みんな「ウチ」って言ってるから「わたし」じゃ恥ずかしいんだって。
合わせるよね~集団に
じつは小っちゃな社会なんだけど現時点ではそりゃ合わせるよね。
ま、仕方ない

あ、後「食う」ね
気を付けたい言葉

賢くみられたいわけじゃないけど
最低限の「品」は保ちたいかな。
言葉遣い一つで簡単に下品になれちゃいますから。

「C」連発回、あーストレス・・・

BGM Rock 'N Roll Train / AC/DC

テーマ降りてきて!(15/30)

白い紙に
「何でも好きに書いて良い」
と言われ、スラスラ書けるのは天才。

天才は言い過ぎでも
好調時もしくは鬱憤溜まってるか・・・

ロックについて書きなさい
人の顔を描きなさい
5・7・5でまとめなさい

テーマ、ルールなどである程度制約があるほうが書きやすい。
考える道筋になるし
ルールをギリギリ踏み越える面白さも生まれるかもしれない。
技術的制約があったからこそレコードが面白い
ってブログ書いたことあるな。

ロック川柳には
ロックで
5・7・5で
とテーマとルールがあるのだが・・・
さらに絞り込んだテーマが見つかれば・・・
メタリカ、レコード、名曲・・・
それさえ決まればなんとか・・なる・・・
ような気が・・・する・・・。
甘えすぎ・・・


BGM Mounting Castles in the Blood Red Sky / Sieges Even

ロック川柳6(14/30)

あ~マズイマズイ・・・
ブログ30日連続チャレンジ
やく半分まできましたが
ツライツライ・・・
ここからはロック川柳の出番が増えそうです・・・

針落とす 手間さえ美点 たまになら

BGM Custard Pie / Led Zeppelin

勝っちゃった(13/30)

たまにスポーツネタ載せることが
過去にもありましたけど
いや~やっちゃいましたね
日本シリーズ出場決定です。

今回の連続更新チャレンジにあたって
過去に書いたものとなるべくかぶらないように
旧ブログを全部読み返したんですが(自文好きなんで)
野球、バスケ、サッカー、アメフトと
たまに出てきていますが
野球で言うと「在京弱小球団のファン」
なんて言い方でチラッと出てきていたような。
それがシーズン3位からとは言え
まさか日本シリーズに行くとは!

CSと言うシステムについては基本賛成ながら
もし日本シリーズ勝った場合は
日本一じゃなくて、日本シリーズ優勝だな
みたいな多少の違和感は残りますが
ま、後最低4試合ドキドキ楽しめるわけで
ラッキーです。

嫌味でもなんでもなく
シーズンぶっちぎり優勝の広島おめでとう。
シリーズは行かせていただきます!

BGM Modern Day Cowboy / Tesla

裏話(12/30)

じつは
人気作 以外もたまには 聴いてみよう
全盛期 以外に隠れた 名曲あり
みたいなのが出ていたんだけど・・・
以前の川柳でも、問題作、駄作、なんて言葉を使っていて・・・
方向性が似かよってるなと。
その辺(どの辺?)のことをよく考えるモードらしい。
BGMに挙げたい曲とも内容が合わないなと。
で真逆に舵切ったらドツボにはまった。
こりゃ完成しないかもと
思いついたキーワードと作りかけを載せて
「ごめんなさい」することも考えた、ハハハ・・・

あのバンドの全盛期はあの頃だ
なんて言い方失礼だよな
引退、解散してるならともかく
現役のバンドに対しては。
とはいえ、そういうことが数字ではっきり出てしまう
シビアな仕事でもあるわけだが。

余談
「じつは」を漢字にしないのは自分の名前が「実」だから
一人称名前で言う痛いオジサンの気分になるので
「ミノルは~こう思うんだよね~」みたいな

BGM VENOM STRIKE / ANTHEM

ロック川柳5(11/30)

時代 経ても 色褪せぬ 語り継がれる 名曲 エヴァーグリーン
時を越え 記憶呼ぶ キラーチューン・・・まとまらない・・・

時経つも 解き放つ音色 なお褪せぬ

時間かかった・・・

BGM Heavy Chains / LOUDNESS

ロック川柳4(10/30)

天賦より 千の鍛錬 足りてない

楽器上手くなりたい・・・ロックに限った話じゃないな・・・
引き続き自省モード・・・

BGM 紅月 -アカツキ- [Live] / BABYMETAL

文章ナルシスト(9/30)

7/30と同じブログについてのブログ

街でガラスに映る自分の姿を結構チェックする
こんなことを書くと自分好きのナルシストと思われそうだが
どちらかと言えば逆。
チェックするのは
みっともなくないかな?
って目線で見てる
ハイ、導入短めに・・・

自分が書く文に対してのチェックが激しい
容姿の場合と同じように
おかしくないか?って何度も読み返す。
内容はもちろん
誤字脱字句読点改行
平仮名を漢字に変換
「」付ける、いやあえて付けない
変える、替える、代える
この場合どれが正しい?

おっと、ここは読みづらいからあえてひらがなで
重複した箇所を削除
重複した表現の言い換え

ある程度書いたあとの
推敲、校正に凄い時間がかかる。

容姿の場合と違うのは自分の文は結構好きなこと
で、何度も読み返してると
またさらに、ここ直したいってなる
まー大変・・・

余談
PCのキーボードいくつか反応が悪い
これも時間のロスになる
例えば「C」
「重複」と打つつもりが「洋服」になる・・・

と言う内容の今日はすごく早く書き終えた
どういうこと?

BGM Ride The Sky / Helloween

スポ根漫画(8/30)

後でこう言われるかも
ここにツッコミがはいるかも
っていうのを先回りして潰そうとしすぎるんだな
「言い訳をしない!」
と怒られて、言い訳じゃないし・・・ブツブツ・・・みたいな
何故か自省モードの今日この頃・・・

今日は音楽とは全く関係のない話
1回くらいはこんな回もありでは?と先回り・・・

ふたつのよく似たスポ根漫画
ひとつは高校の自転車競技部が舞台
ひとつは高校薙刀部が舞台

両方とも眼鏡の一見運動に縁のなさそうなひ弱な子が主人公
しかし秘めた才能と努力で頭角を現していく・・・
反省を活かして結論から!
「スポ根漫画は主人公やそのチームが強くなっていく過程が面白い」
強くなっちゃったら、あと気になるのは結果だけ

一方は早い段階で大きな結果を出してしまい・・・
正直飽きてしまった。
最初はとても面白く読んでいたし
主人公が活躍するのはもちろん爽快なんですが・・・
その先を読んでないので今でもちゃんと面白いかもしれないし
批判に時間を割きたくないのでここまで。

もう一方
高校生、女子、武道部
45歳、おっさん、高校時代は麻雀漬け
と、およそシンパシーを感じるような身分でもなければ
過去の体験もないのだが、何故か泣ける。
挫折、友情、恋愛、努力、報われた瞬間
限られた勝者とほとんどの敗者・・・
そんな描写にいちいちウルウルきてしまう。
歳のせいで涙腺緩んでいるとはいえ、まー泣ける。
とうに過ぎ去った青春へのノスタルジーか
心の奥に眠っている記憶による微かな共感か・・・
主人公が女子なのがまた良い
「頑張ってる女子」は無敵!
でも単なる萌えではないよ。
現実世界でも頑張ってる女子には
すぐときめいてしまうキモおっさんですが・・・
キモイついでに・・・ライバル校の悩める部長さんが好きです!
美人だから~萌え~
アイドルグループを起用しての映画化等で話題になる
ずっと以前にスタッフに勧められて読んだ時に
きっと若手女優で映画化される!と予見(軽い自慢・・・)

挫折と努力と結実
到達したからこそ現れるその上のレベルの挫折
と成長真っただ中!
おっさん、女子高生の主人公にめちゃ肩入れして楽しんでます。

いつになく熱い・・・明日にでも公開を後悔しそうだ・・・
BGM 
Rock My Nights Away / Michael Schenker Group

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP